妊娠中の花粉症は何科を受診すれば良いの?

妊娠中に辛い花粉症の症状が発症してしまったら、早めに適切な対策をして心身ともにストレスの少ない状態を維持したいものです。

 

ここで、花粉症の症状が元々あった方では耳鼻科や呼吸器科などにかかりつけのクリニックがあるかもしれませんが、妊娠中は体調についての相談はまずはかかりつけ産婦人科を受診するのが原則です。それは、どんな薬にも言えることですが副作用や妊娠中に使用することで胎児への影響について確認しなければなならないからです。

 

産婦人科では妊婦健診だけではなく妊婦さんのいろいろな病気の診察をしていますし、妊娠中であることを前提に胎児にとって安全な薬を処方してもらえます。特にお腹がほとんど目立たない初期の頃は妊婦さんが服用した薬が胎児に影響しやすい時期ですし、他の科では自分から妊娠中であることを伝えないと先生が妊婦さんであることに気づかないということもあり得ます。

 

花粉症の薬は、内服薬の他に点眼薬や点鼻スプレーなどいろいろな種類があります。また、花粉症の程度に合わせて使う薬に強弱があるのが一般的です。産婦人科を受診すれば、妊娠中でも安心して使える漢方系の薬などを処方してくれることもあります。

 

ですから、市販の薬を自己判断で使うのではなく基本的にはかかりつけの産婦人科を受診して相談するのが一番安心です。耳鼻科や呼吸器科、アレルギー科で以前にもらってある薬があれば、その薬を持参して産婦人科の先生に相談すれば妊婦さんでも使える薬かどうか教えてもらえます。