妊娠中に花粉症の薬は絶対飲んではいけないの?

薬を服用することで、ものによっては赤ちゃんの成長に悪影響を与えてしまうことがあります。そのため、妊娠中の薬の服用には慎重にならなくてはなりません。とはいえ、毎年花粉症に悩まされ薬で対策を行ってきた人にとって、薬を使用せずにその時期を乗り切るというのは辛いことかもしれません。どのように乗り切ればよいのでしょうか。

 

まず、妊娠初期は特に薬の服用に注意しなくてはなりません。赤ちゃんにとって重要な器官が作られる時期のため、薬の影響も非常に受けやすくなっているからです。目薬や点鼻薬など、部分的に効果のあるものであれば影響は少ないとされていますが、自己判断での使用は禁物です。

 

必ず医師に相談した上で使用するようにしましょう。妊娠中は絶対に薬を服用できないというわけではなく、妊娠中期以降になれば、服用できる薬の種類も増えてきます。辛い症状を我慢しすぎてストレスを溜めてしまうのも良くないことなので、一度医師に相談をしてみると良いでしょう。

 

その時の状況に応じて、妊娠中でも服用できる薬を処方してもらえることがあります。もちろん薬だけでなく、マスクを着用したり洗顔やうがいを心がけたりと、花粉を防ぐ対策も忘れずに行いましょう。

 

妊娠中でも使用できる薬があるということを知っていれば、花粉症を乗り切るにあたって不安もやわらぐでしょう。ですが、妊娠中に自己判断での薬の使用は絶対に行ってはいけません。必ず医師に相談する必要があることを忘れないようにしましょう。