妊婦は花粉症の薬を飲むな!困った時の対策はこちら!

妊婦が花粉症でも、点鼻薬や目薬など薬は赤ちゃんに悪影響がないのか心配になってしまいます。

 

妊婦になると体質が変わるということは良くあります。アレルギーを発症したり、逆にアレルギーが治るケースなどさまざまです。詳しいメカニズムは分かっていませんが、ホルモンバランスが崩れることによって体質が変化するためだと考えられています。

 

アレルギーが悪化してしまうケースもあり、花粉症の妊娠中の女性は妊婦でもできる花粉症の対策はしっかり学んでおくことをおすすめします。

 

妊娠16週ぐらいまでは赤ちゃんへの影響が心配なため、なるべく薬は避けた方が良いとされています。それ以降は産婦人科の医師に相談することで薬を処方してもらうことができ、耳鼻科でも妊娠を伝えれば妊娠中でも使える薬を処方してもらえます。

 

それ以外にも自分でできる対策としては、自律神経の乱れは免疫力を低下させ、花粉症を悪化させてしまうため不規則な生活や過労、ストレスを避けて自律神経を整えるようにしていきます。腸内環境を整えることも免疫力向上に有効なため、乳酸菌の含んだヨーグルトなどの食材を積極的に摂り、鼻の粘膜や腸を守る作用のあるビタミンが豊富な緑黄色野菜を食べることなども有効です。

 

また、花粉自体を室内に持ち込まないことも大切で、帰宅後は家に入る前に花粉を落とす、外に洗濯物を干さない、空気清浄機を利用することなどが良いとされています。

 

妊娠中でもできる対策はたくさんあります。